自分力を鍛えるためには、集中力、主観と客観的思考のバランス、いまここに集中しながら同時に全体や未来を見渡す幅広い視点、プロデュース能力、リスクヘッジ能力が必要だと折に触れて語ってきました。その全てを同時にトレーニングする方法があるのをご存知ですか? それは「料理」です。
「なんだ、そんなこと毎日やっていますよ」とガッカリするのは早すぎます。
では料理をする時に素材の買出しに始まり、下ごしらえ、火加減、味付け、煮る・焼く・揚げる・炊くの全ての動作や作業に至るまで、常にその意味を考え、次の流れを予測し、細やかな神経を使っていますか。それを意識をする、しないで料理の味・品質・見た目は格段に違います。

[PR]
Web制作 港区で高品質のWEBデザイン制作、リニューアル。
PBXの導入提案から設置までオフィス、コールセンターで幅広く対応。Avaya,AspireXならMBIへ
長野市 骨董品長野市 絵画長野市 茶道具、骨董品買取なら:えんや 大阪 アンティーク、大阪 掛け軸、大阪 遺品
福島県郡山市の/公務員 、社会保険労務士 、税理士 /の 合格ならライセンスアカデミー/福島県郡山市 社会保険労務士資格
営業代行代理営業会社のマッチング、一括資料請求なら、ビジネスピックアップ。
全国の国公私立大学、短期大学、専門学校の学校案内をデジタルブックで確認!
発注 管理 システム構築から運用・保守サポートまで一貫した製品・サービスを提供 Global Right

 ます料理は、自分および他の誰かに食べさせるために作るもの。あの人はこういうジャンル、こういう味が好きだからと、自分の好みや得意料理(主観)と、相手の食べ物の好みやその時の旬の食材(客観)を同時に考えてメニューやレシピを決めているはずです。メニューを決めたら、料理本を見ながら、あるいは記憶や経験を駆使して調理スタート。食材の下ごしらえや切り方で、味の染み込み方や食感が大きく変化する、どういう肉や魚だからどういう火加減で調理すると美味しい、調味料はさしすせそを入れるタイミングでウマイ・マズイが左右されるなどなど、料理は何となくアバウトにやっているわけではなく、それぞれの作業には“~ねばならない”という科学的な裏づけがあります。
 つまり、いまやっている作業が正しく行われているかに集中し、同時に次の作業をどの手順・タイミンングでやるべきなのかを全体の流れの中で計算しなければならないのです。しかも熱い料理は熱く、冷たい料理は冷たく、揚げ物はパリパリサクサク、焼き物はジュウジュウなど、複数の料理をすべてベストなタイミングで供するためには。、調理の流れやタイミングの計算はより複雑に。とても高度なプロデュース能力が求められるのです。

[PR]
営業コンサル会社が提供する営業支援営業アウトソーシング営業代行、テレマーケティング
フリーライター になるには、フリーライター養成学校『日本脚本家連盟ライターズスクール』 東京・六本木
オリジナルのぼり 製作のことならお任せ下さい!手書きの入稿も可能!プロのデザイナーが世界に1つだけの、のぼりをデザインします。
国公私立の大学・短大・専門学校など教育機関を揃えた学校案内のデジタルライブラリー
福島県いわき市での/公務員 いわき市司法書士 いわき市行政書士 いわき市/の合格ならライセンスアカデミー
シナリオ 教室なら『日本脚本家連盟ライターズスクール』 脚本シナリオライター養成講座
オンライン英会話 日本人講師といえば「EIGODO」です。フィリピン人では分からない、日本人ならではの指導法で、あなたを成功に導きます。