さていよいよ具体的に「自分にピッタリなファッション」を探してみましょう。
《要するに、お洒落、なんて力んでみても、所詮、人の作ったものを組み合わせて身に着けてるにすぎない。 ならば、いっそまやかしの組み合わせはよしたがいい。 正調を心がけようではありませんか》
 これは映画監督でエッセイストの故・伊丹十三氏が、著書『ヨーロッパ退屈日記』(新潮文庫)の中で紹介している、ファッションに対するポリシーです。
 例えば、バッグはルイ・ヴィトンかエルメス、靴はクリスチャン・ルブタン、スーツはシャネルと“正調”でかためてしまうのも一つの方法ですが、いかんせんお金がかかり過ぎます(笑)。
 簡単な方法としては、「見る目を育てる」ことをお勧めします。
昔は、骨董品屋に見習いとして入った小僧さんは、まず3年くらいは“本物のいい物”だけを、できるだけたくさんひたすら見続けたのだそうです。そうすると「捨て目が利く(物の真贋が判る)」ようになるのだそうです。 

[PR]
狭い場所だけを効率よく冷やす100%冗長、オールインワンシステムの【サーバーの冷蔵庫】空調完結型防音ラック《ココデス》登場。サーバールーム新設をよりエコに。
福島県郡山市の/公務員 、社会保険労務士 、税理士 /の 合格ならライセンスアカデミー/福島県郡山市 公務員学校
株式会社エム・エス・シーでは消費者調査をトータルサポートしております。定性調査など各種マーケティングリサーチについてご相談ください。
全国の国公私立大学、短期大学、専門学校の学校案内をデジタルブックで確認!
オンライン英会話 日本人講師といえば「EIGODO」です。フィリピン人では分からない、日本人ならではの指導法で、あなたを成功に導きます。
国公私立の大学・短大・専門学校など教育機関を揃えた学校案内のデジタルライブラリー
入浴剤の共同開発・業務用・入浴剤の販売、入浴剤のことなら安心と実績のある環境科学へ。

 同じように、まずはファッションに関心を持ち、たくさんの物を見るところから始めてみましょう。パリやミラノ、ニューヨーク、東京などファッション最先端の場所で“いま何が流行っているのか?”を雑誌やインターネットでチェックしましょう。そしてファッションブランドだけではなく絵画や写真、風景、人、インテリア、物など美しいもの・可愛いものをできるだけ多く見て、審美眼や美的センスを磨きます。
 もし気になる服や靴、バッグがあったら実際に百貨店やそのブランドのショップに行ってじかに見てみる。とても気になるもの、欲しいものがあったら、ショップの店員さんに話しかけ、いろいろ話を聞いてみましょう。そして気に入った物を購入することになったら、そこがファストファッションであれ、高級ブランドショップであれ、これから自分の買い物を担当してもらう店員さんを一人に決め、以後は必ずその人から買い物をするようにします。そうするとその人が、ファッションのプロとしてあなたのアドバイザーになってくれるからです。自分にあった“担当さん”を決める場合は、好きな映画や音楽、本、ファッションなどの話をして気が合う人にすると、センスが近いので自分が気に入りそうな物だけを勧めてくれるなど、いろいろな面で話が早いでしょう。

[PR]
シナリオ 学校なら『日本脚本家連盟ライターズスクール』 脚本シナリオライター養成講座
作家 なるには、ライター養成学校『日本脚本家連盟ライターズスクール』 東京・六本木
営業コンサル会社が提供する営業支援営業アウトソーシング営業代行、テレマーケティング
長野市 骨董品長野市 絵画長野市 茶道具、骨董品買取なら:えんや 大阪 アンティーク、大阪 掛け軸、大阪 遺品
発注 管理 システム構築から運用・保守サポートまで一貫した製品・サービスを提供 Global Right