あなたは、どんな人ですか?
誰かにこう聞かれたら、自分のことをどう説明しますか。
「バカだなあ。自分のことを一番知っているのは自分じゃないか。そんなの簡単さ」
 おそらく、こう言い切る方が多いでしょう。では、それほど自分のことを知り尽くしているのに夫や妻、家族、職場あるいは恋人や友人と言葉の行き違いで喧嘩になったり、自分の言いたいことがうまく伝わらないは何故なのでしょう?
 『ジョハリの4つの窓』という言葉をご存知でしょうか。これはコミュニケーションの場において、どのように“自分のことをどのように相手に伝えるか”をスムーズに行うために考えられた心理モデルです。

[PR]
お正月セールの年賀状 DMで他社と差をつけたいなら年賀はがきと圧着ハガキが夢のコラボ
脚本 学校なら『日本脚本家連盟ライターズスクール』 脚本シナリオライター養成講座
世界中に拠点を展開し、陸・海・空全てにおいて高品質な物流サービスを提供します。
福島県郡山市の/公務員 、社会保険労務士 、税理士 /の 合格ならライセンスアカデミー/福島県郡山市 社会保険労務士資格
PBXの導入提案から設置までオフィス、コールセンターで幅広く対応。Avaya,AspireXならMBIへ
国公私立の大学・短大・専門学校など全国の教育機関を揃えた学校案内の電子図書館

1955年にアメリカの心理学者ジョセフ・ルフトとハリー・インガム が発表した「対人関係における気づきのグラフモデル」が、二人の名前をとって後にジョハリの窓と呼ばれるようになりました。
ジョハリの窓 
 簡単に言えばジョハリの窓は、人間の性格やキャラクターの中には、(A)自分も他人も知っている面(外見、性格の長所・短所など)、(B)他人は知っているけど自分は気がついていない面(例えば、普段は真面目だけどお酒に酔うと暴れる)、(C)自分は知っているが、他人は知らない・隠している面(冷たそうに見えるけど実は人情家など)、(D)まだ自分も他人も気付いていない面(無意識の内面領域や、埋もれている才能など)の四つがあるという仮説です。
(A)と(C)は知っていても、(B)と(D)は知らないから人間関係やコミュニケーションに苦労する場合があるのではないでしょうか。自分力を高めるためには、自分はこういう人だという主観だけではなく、他人は自分をこう見ていると冷静かつ客観的に分析する視点も重要です。

[PR]
営業コンサル会社が提供する営業支援営業アウトソーシング営業代行、テレマーケティング
今話題の英会話 バイリンガル日本人講師が教える「EIGODO」!日本人講師の丁寧な指導が25分333円~受けられます。
SEO対策ならライトアップ!充実の営業実績をご利用されてみませんか?
アパレル・専門店・小売・卸売業などの販売促進支援・会員管理 システムのことなら【グローバルライト】
作家 なるには、ライター養成学校『日本脚本家連盟ライターズスクール』 東京・六本木
オリジナルのぼり 製作のことならお任せ下さい!手書きの入稿も可能!プロのデザイナーが世界に1つだけの、のぼりをデザインします。
全国の国公私立大学、短期大学、専門学校の学校案内をデジタルブックで確認!